月島四之部西町会

平成26年度中央区総合防災訓練

平成26年9月7日(日)。雨天でしたが、中央区総合防災訓練が行われました。町会会員・町会役員多数で参加してきました。前半は月島第一小学校講堂に集合し、避難所の開設と災害時のトイレや、照明等の説明を受けました。後半は月島第二児童公園に移動。炊き出しのカレーの試食や、体験実習をし、各ブースで説明を受け、防災意識を高めて来ました。
月島四之部西町会
防災部 統括 赤羽 重信
防災部役員一同
       
        

午前中の会場。
避難者名簿作成のため、氏名・住所を記入。
町会長の元に、町会員が集まり、開会宣言を待ちます。
避難者数の報告をする町会長。
再確認中。
連合町会長の開会宣言。
避難者名簿作成のために、提出された記載書を仕分け。
耳が不自由な方に、手話通訳が活躍。
フロアーに敷くゴザと毛布の配布。
整列して混乱は見られません。
消防団の方が活躍しました。
まず、ゴザを敷き詰めます。通路を確保しながら。
ゴザの敷き詰められた状態を確認。
毛布を敷いて良いかな。
毛布を出します。
協力して敷きましょう。
中央区職員と意見交換。
全体はこんな感じです。
実際に座ってみます。「固いね〜」「これで何時間も座っているのはつらい」などと反応していました。
実際の時は、これにエアーマットが配られるそうです。
防災統括の赤羽さん(右)。
災害時に設置される機材の説明。
排水溝直結のトイレや簡易トイレの説明。
熱心に聴きいります。
照明灯。市販カセットガスボンベ2本で2時間。省エネモードで4時間照らす。講堂内は火気厳禁のため点灯は出来ず、何れくらいの明るさかは確認出来ません。。
スタンドパイプの説明。町会の防災訓練でも実施しました。
第一小学校校長の講評。
毛布に着けられたタグ。
東京消防庁からの講評。
閉会宣言。
月島第二児童公園に移動。
まず案内されたのは、備蓄米と、レトルトカレーの試食です。
試食用カレー。
試食中。肉が入ってるの?でも、災害時はご馳走でしょう。
試食の後は、煙の体験。
この後お父さんが記念写真を撮っていました。嬉しい体験でしょうね。
参加機関のブースを記録してきました。(ブースの看板だけです。)
スタンドパイプの実践準備。
スタンドパイプ実践。多くの人が見入っていました。
警視庁の災害チームでしょうか?確認しませんでした。
DMAT。実績が有るので頼もしい。
ぬかるみに敷き詰められていました。
給水車。試飲も出来ました。家のより美味しいかも。
電気が通じるまでは、頼りになります。
地震を体験出来ますが、体験出来ませんでした。

初めて見る自衛隊の車。
災害は来ない事を願いますが、昨今の災害は、以前にも起こっています。私たちが住む地域も災害予測が出ています。準備(訓練等)を怠らない様に、日頃から心がけたいと思います。自助・共助・公助。まずは自分を守る事から。
前のページへ戻る