月島四之部西町会

2014年 秋の消火訓練

消火器を使用した初期消火訓練を実施しました。2014年11月16日(日)、場所は、わたし児童遊園。木造家屋の多い四之部西町会地域では、日頃の訓練で、防火防災の意識を高めておきたいですね。これから寒さに向い、火を使う機会が増えてきます。火の取り扱いには注意して下さい。多数の方のご参加ありがとうございました。

月島四之部西町会
防災部 統括 赤羽 重信
防災部 部長 岡田 一夫

防災部役員の打ち合わせ。
町会長による最終確認。
使用期限を過ぎた消火器の回収。
壊れてしまった消火器の処分方法を尋ねていました。
消火器処分に来られました。
山崎町会長の挨拶。本日の予定と、町会活動報告等、啓発活動。
参加される町会員の皆様。
本日指導して頂く臨港消防署の方々です。
お孫さんと参加頂きました。記憶に残ってくれると良いですね。
臨港消防署からの挨拶。
早速整列し、消火器の取り扱い方の説明を受けます。
まずは大声で、「火事だ〜!火事だ〜!」と周囲に知らせる事が大事です。
目標に向かって消火開始!
火に近づき過ぎは火傷の元です。
火の下の方に消化液をかけながら火に近づきます。
レバーを握っても、黄色いピンを抜いてからでないと、消化液は出てくれません。順番を間違えないで。
下を狙って。
数メートル先の火元を狙いましょう。
様になっていますね。
消火訓練の後は、町会事務所に設置した、「AED」の取り扱い説明です。
右の赤い物が「AED」です。コンパクトでしょ。左は医薬品の入ったバッグです。
臨港消防署署員から、「AED」の取り扱い方の講習です。
AED内部の説明。開けて電源を入れると、機械が使い方を順次案内して放電出来ます。自身が感電しない様にして下さい。
次回はマネキンを使った訓練も良いですね。
皆さん真剣に聞き入っています。
次は、町会所有の機材の説明です。
小型ポンプとスタンドパイプ。チェーンソー等。
防災部長がポンプを作動させるサプライズ。
スタンドパイプの実践作業は行いませんでしたが、初めて見る方は、興味津々の様でした。次回は実践してもらいましょう。
家具の転倒防止用具の説明。
訓練終了後は、臨港消防署より、防火防災のパンフレットや、非常食のお土産を頂きました。
参加ご苦労様でした。
前のページへ戻る