入船二丁目町会

活動報告 例大祭で山車を曳きました 平成30年5月3日

5月3日、鐵砲洲稲荷神社例大祭の町内行事として、こどもたちで山車(だし)をひきました。

入船二丁目の山車は近隣地域では大きな方ですが、隣の入船一丁目町会と形や大きさがほぼ同じ、製作年も昭和11年と同じなので、双子の山車とも言えます。

なお、入船二丁目の太鼓には「入船町」、入船一丁目の太鼓には「新栄町」と当時の2つの町名が彫り込まれています。

大きな太鼓をたたきながら、町内をめぐりお祭りを盛り上げました。曳き終わったあと、参加したこどもにはお菓子を配りました。

山車の曳航は、5月3日に2回、5月4日にも1回行いました。


午前中の曳航
居留地中央通り。
入船一丁目と境の道。
小さな子もしっかり曳いてくれました。
入船町仲通り
入二会館前の通り
そろそろ神酒所へ帰着。
お菓子を配って午前中は終了。
第2回目 十字架が見える通り。
左折。
太鼓も子供がたたきます。
ど〜ん ど〜ん かっかっかっ
抱っこされた子も参加。
十字架通りを横切ります。
もうすぐ神酒所に到着。
お菓子を配って解散。
翌5月4日も山車を曳きました。
3年後の本祭でもまた曳いて下さいね。
前のページへ戻る