月島四之部西町会

草市 2018

 例年にない気象で、美濃地方、中国四国地方、九州地方で甚大な被害が発生しましたが、被害に遭わました方々にお見舞いを申し上げます。

7日・8日、月島恒例の草市が西仲商店街で開催され、町会も例年の様に出店致しました。今年はここ数年の反省を踏まえ、品物を増やし、皆様のお越しをお待ちしていました。お陰を持ちまして、店仕舞まで楽しんで頂けたと、町会役員一同自負しております。ありがとうございました。

月島四之部西町会
町 会 長 村田 八郎
月島四之部西町会一同

赤に金文字のコントラストが良いですね。
当町会の出店2店舗です。例年に習って、「もんじゃ 小町」さんの前です。
遠藤副会長が切り盛りの先頭に立っています。
親子連れが大いですね。
参加される親御さん、見守る親御さん。其々に楽しんで頂けた様です。
「当て物」の番号を確認。真剣に見入っています。
番号くじを選んでいます。「良いもの当ててね〜」のかけ声に、期待が膨らみます。
番号の商品を探します。
遠藤副会長の軽妙な語り口、プロ並みでした。
のぞみの商品が当る様、くじに念力を送るお父さん。
さあ〜どちらのおじさんからくじを選ぶのも運試し。
会計も大事。
連携作業は「ア・ウン」の呼吸が必要。
景品の説明。
ルールを説明したり、掬い方を教えたり、会計をしたり、ポイを渡したり。八面六臂の活躍です。
会計。お客さんへの目配り。
使用済みのポイとトレイの拭きあげ。
番号札を確認。
なかなか掬えない大玉に挑戦。ガンバッテ〜!!
前のページへ戻る