入船二丁目町会

参加報告 第20回中央区雪まつり 平成31年2月10-11日

2年に一度開催される中央区雪まつり(中央区主催)ですが、毎回近隣町会のボランティアが主力となって運営しています。

今年は2月10日と2月11日建国記念日の2日にわたり、明石町のあかつき公園で開催されました。

入船二丁目町会からも連日スタッフが参加し、スノーボートと味コーナーを担当しました。

そのほか会場では様々なイベントが行われましたのでその一部も紹介します。

担当:青年部

区内掲示板のポスター
一番人気はスノーボートのすべり台です。
前日のあかつき公園
設営中です。まだ雪はありません。雪を積んだトラックは深夜に到着するそうです。
2月10日朝
晴れていますが、風が冷たいです。おなじみ入船二丁目から見える聖路加の十字架ですが、この向こうに会場のあかつき公園があります。
あかつき公園に到着
大勢の来場者でにぎわっています。
会場に作られた雪原は中央区の友好都市である山形県東根(ひがしね)市から運んできたものです。
スノーボートのすべり台
けっこうスピードが出ます。
ミニスキー
傾斜がゆるいので、クロスカントリーの気分。
雪遊び
雪原も大賑わい。
入船二丁目のスタッフが活躍中。
運営スタッフはオレンジ色のキャップを被っています。
2日目
天気は曇り。朝から小雪がちらついてまさに雪まつり日和。1日目より来場者が少ないためゆったり遊べます。
幼児コーナー
人の通り道にならない場所なので安心です。
お見事。
スノーボートの滑り台は3本ありますが、どれも順番待ちは長蛇の列でした。
その他のイベントです。
ポニー乗馬。
ミニ動物園
歌のコーナーのステージ
味コーナー
忙しく活動するスタッフ。
防災炊き出し
訓練も兼ねています。
軽食を待つ行列
味コーナーの食べ物はすべて無料で配布しています。
特産品販売
友好都市の山形県東根市から出店。お菓子、りんご、ワインなどを販売。
次回はまた2年後です。お楽しみに。
前のページへ戻る