月島四之部西町会

春の火災予防運動に伴う消防訓練 2019

3月10日(日)、東京大空襲追悼の日に、消火器訓練・AEDの実施訓練・包帯による止血訓練を行いました。東南海地震の発生が言わていますが、3.11の地震域での発生にも注意が必要と、地震学者による注意喚起がなされています。日頃からの繰り返しの訓練が、イザ!!と言う時に落ち着いて対処できます。訓練に参加していただいた会員皆様ありがとうございました。

月島四之部西町会
町 会 長 村田 八郎
防災部統括 赤羽 重信
防災部部長 岡田 一夫

村田町会長の開催挨拶。
山崎修前町会長の訃報を案内し、「訓練開始前に全員の黙祷でご冥福を祈りたい」との提案がありました。
1分間の黙祷を捧げました。
岡田防災部長の挨拶。
臨港消防署所長からの挨拶。
消火器による初期消火訓練グループ。
AED(自動体外式徐除細動器)の使用訓練。
会場の全体風景
参加者による、消火器での消火訓練。
AED使用の説明。
AEDを使っての訓練。
包帯を使用しての止血法を教わっています。
お子さんがAEDによる血流回復訓練を体験してもらいました。
講評。
参加者皆様に、ビスケットや水をお土産に渡しました。
以前、食料・水の備蓄は2〜3日分と言われていましたが、1週間分×人数分に最近は変わってきました。
前のページへ戻る