会員の方 中央区町会・自治会ネット このサイトについて 町会・自治会とは? 町会・自治会イベントカレンダー よくある質問 リンクの広場
ホーム > プロフィール > 日本橋三丁目西町会プロフィール
日本橋三丁目西町会プロフィール

 
日本橋三丁目西町会
 団体紹介
団体名称 日本橋三丁目西町会 (にほんばしさんちょうめにしちょうかい)
代表氏名 野田 哲平 (のだ てっぺい)
問い合わせ先 03-3271-8661(町会事務所)
該当区域 日本橋三丁目1番から8番
 
 歴史・沿革
 当町会の設立は昭和25年5月『日本橋通三丁目町会』として設立され、昭和48年1月町名変更に伴い、『日本橋三丁目西町会』に名称変更しました。現在の会長は初代から数えて九代目「日本橋ゆかり」の当主 野永喜一郎です。私たちの町会の地域は東京駅八重洲口の直ぐとなり、中央通りが真ん中を通り、四方を八重洲通り、八重洲仲通り、さくら通り、美術骨董通りに囲まれ、多くの企業ビルのオフィスと共に飲食店、喫茶店、画廊を中心に商店が軒を並べ、また近年都心型マンション2棟を含め、高齢者の方も多く住まわれている地域です。
 現在町会員は167名 町会下部組織として青年会、婦人会が有ります。
 この地域は永田町の日枝神社が氏神様です。その氏神様をお祭りするために、2年に一度盛大に祭りが執り行われ、五百年の歴史と伝統を受継いだ浅子型神輿を昭和34年6月第15代浅子周慶により製作され、平成9年8月に第16代浅子周慶により大修復を行い、隔年の日枝神社山王祭には威勢よく盛大に担ぎます。また平成20年には町の守護として、魔除厄除として、御神酒所には欠かせない「獅子頭」を浅草宮本卯之助商店にて作成しました。
 下町の人情が残るこの街で、町会と企業の和をモットーに、江戸時代から続き、日本橋に残る「お祭り」という伝統と文化を日枝神社の山王祭を通して、これからの若い人に引継ぎ、きちんと後世に残して行きます。

 事業紹介
わが町会の基本的なルーティン活動
ゞ萍鮟蟠般海旅報伝達、警察署、消防署、保健所などの諸官庁の事業協力、特に清掃事業におきましては、特殊地域にあたる当町会は衛生模範地域として、毎日集荷等に推進協力しています。街の美化・清掃には青年会、婦人会を中心にクリーンデーをはじめ積極的に活動を行っています。
∨蛭函λ媛弌Π汰瓦砲弔い討蓮町会青年会が防犯パトロールなどイベントへの協力・参加を行っています。また地域の防犯安全対策として町会設置の街路灯の維持管理、日本橋六之部町会連合会設置の防犯カメラの維持管理を行っています。
C楼萋發料蠍濘橡咾砲弔い討脇本橋六之部町会連合会との連携による各種レクレーション(日本橋さくら祭り、オータム祭り、餅つき大会等)を通して地域のコミュニケーションをはかり、町会行事としては隔年ごとの日枝神社の祭礼・山王祭が盛大に施行され、町会全体でお祭りを楽しみます。
だ屬け根、赤十字、歳末助け合いなどの社会福祉事業に対する寄附の一括扱いなどを行っています。
ヅ町会では手作りでホームページを立上げ、町会員の紹介、各行政機関のホームページへリンク、イベント等の情報提供を行っています。
ホームページアドレス:https://www.nihombashiw3.net/

 加入のご案内
 町会・自治会は、住民が自主的に組織し、運営する地縁団体であり、一番身近な地域の絆であります。
 町会・自治会は、住民同士の交流や地域行事、防災・防犯など、さまざまな地域活動に積極的に取り組んでおり、地域コミュニティの核として、住民福祉の向上と地域の振興に寄与しています。
 ぜひ、町会・自治会に加入し、安全で安心な住みよいまちづくりを推進しましょう。
 なお、加入をご希望される場合は、下記までお問い合わせください。
問い合わせ先 03-3271-8661(町会事務所)


 新しい取り組み
|楼茲虜匈佳从については危機管理対策チームを中心に大震災を想定した「震災対策防犯協議会」を設置開催し、平成20年には多数の会員企業の方に参加いただき、人々の安全と地域の復興に資するため互いに協力し合うことを誓う「防災助け合い宣言」を行いました。
 平成21年9月25日にそれを実践すべく「第1回地域総合防災訓練」を多数の会員や企業の方に参加をいただき、実施いたしました。
 なお、大震災時当地域の大きな課題は、帰宅困難者対策であり、行政の指導を受けながら今後検討してまいります。
∧神21年4月より町会活動の中に商店会活動を取り込み、街の整備・発展と活性化のための活動や、また商店会の発展と活性化のための活動を、中央区商店連合会と共に行って参ります。
 将来の街づくりについて「街づくり協議会」を設置、進めていくところです。

 
前の画面へ戻る
▲ページトップ