会員の方 中央区町会・自治会ネット このサイトについて 町会・自治会とは? 町会・自治会イベントカレンダー よくある質問 リンクの広場
ホーム > 名所名店 > 株式会社長谷川商店(乾海苔店)
株式会社長谷川商店(乾海苔店)
 「海苔は、こういう色と香りのものが良い物なんだ」と自慢の一帖を見せてくれた。「うちは元々問屋なんだけど、店先でも売るようにしたんだ。知ってる人はいいものが安いので、いつも買いに来るよ。創業は昭和17年、深川で焼け出されて戦後ここに店を持った。もう60年以上になるね」と感慨深げに話すのは社長の長谷川さん。町会の副会長もしていて、地元ではかなりの有名人である。「海苔というのは同じものは5帖と無いんだ。みんな少しずつ違う。それを見分けて品質ごとに値段をつけて行くのが我々の仕事」長谷川さんは、海苔収穫期の秋になるとNHKの取材も受けるほどのプロ。海苔業界では、かなりの古株のようだ。店には“山”に“一”の字のトレードマークの記された海苔箱が天井に届くまでに積まれている。業界では「ヤマイチの海苔」で有名なのだ。自動焼き海苔機のある二階に案内された。エレベータが開くと、香ばしい焼き海苔の香りが一気に広がる。「毎日、出荷用の焼き海苔をここで焼いている。うちのは全部国産海苔。香りが違うからね」長谷川さんは、焼く前の黒くツヤのある海苔を手に、そう語る。 長谷川商店は、水天宮交差点から人形町側を新大橋方向に4ブロックほど歩き、浜町緑道に出る角からの二軒目。表に“焼き海苔”ののぼりが立っているのですぐわかる。黒くてツヤのある高級寿司海苔がご自慢の一品だが、店頭に置かれた“すしはねのり”でも十分おいしい。ご家庭用にはお買い得である。
インフォメーション
●名称 株式会社長谷川商店
●住所 日本橋人形町二丁目35番13号
●TEL
●FAX
●営業時間 9:30〜18:30(土曜16:00)
●定休日 日曜日、祭日
●アクセス 東京メトロ半蔵門線水天宮前駅5番出口徒歩約2分、東京メトロ日比谷線人形町駅A1出口徒歩約4分
●URL
●備考
 
山一の海苔箱がうず高く積まれた店内と社長の長谷川さん
山一の海苔箱がうず高く積まれた店内と社長の長谷川さん
自動焼き海苔機での作業。部屋には香ばしい香りが充満
自動焼き海苔機での作業。部屋には香ばしい香りが充満
高級寿司海苔(左上)とお徳用「すしはねのり」 時節がら、お徳用のすしはねのりがよく売れるそうです
高級寿司海苔(左上)とお徳用「すしはねのり」 時節がら、お徳用のすしはねのりがよく売れるそうです
トピックス
この情報は、「人形町二丁目三之部町会」により登録されました
前の画面へ戻る
▲ページトップ