会員の方 中央区町会・自治会ネット このサイトについて 町会・自治会とは? 町会・自治会イベントカレンダー よくある質問 リンクの広場
ホーム > 名所名店 > にんぎょう町 草加屋
にんぎょう町 草加屋
 日比谷線の人形町駅、水天宮方面の出口を出ると、直ぐに甘酒横丁の入口がある。甘酒横丁の右側を東に中ほどまで歩くと、たくさんの煎餅が店先に陳列されている店があり、見るとガラス越しに藍染の作務衣に和帽子を被った粋なおやじさんが一枚一枚丁寧に煎餅を焼いている。網の下には炭火が赤々と起こっていて、夏場にはさぞかし暑かろうと気遣ってしまう。見上げると「草加屋」と浮き彫りされた大きな看板があり、店の中には所狭しと幾種類もの煎餅が置いてある。「大量生産はしないんだ。ひとつひとつ心を込めて良い品質のものを作るのがうちの流儀。それが一番お客さんに喜んでもらえるから」そう言い切るのは、さっきガラス越しに煎餅を焼いていた店主の石川さん。備長炭を使って丹念に焼き上げる手焼きが売り物だ。厚みがある濃いあめ色をした一枚と少し焦げの入ったもう一枚の煎餅を持って「これが、うちのお勧めかな、どれもおいしいけど、この味は格別。炭火でじっくり焼き上げないとこういう香ばしい香りは出ないんだ」  三木助師匠が金庫に隠したという逸話のある手焼き煎餅と、勘三郎焼きと呼ばれ、かまど飯のおこげの香がするという“おこげ”の入った一枚である。どの煎餅も良質な材料を使って丁寧に焼き上げられた逸品で、その香と歯ごたえは独特、お土産には、固焼きの草加煎餅、お茶請けには、あられ煎餅なども喜ばれるかもしれない。店頭には、多少割れが入ってしまった「こわれ」というお買い得品も置いてある。味は変わらないので、ご家庭でのお茶請けにはお得かもしれない。
インフォメーション
●名称 にんぎょう町 草加屋
●住所 日本橋人形町二丁目20番5号
●TEL 03-3666-7378
●FAX
●営業時間 9:00〜19:00(土曜17:00)
●定休日 日曜
●アクセス 東京メトロ日比谷線人形町駅A1出口徒歩約2分
●URL
●備考
 
皆おいしそうで、どれにしようか迷うほど種類がある
皆おいしそうで、どれにしようか迷うほど種類がある
備長炭で丹念に焼き上げられる手焼き煎餅。焼いているのは店主の石川さん
備長炭で丹念に焼き上げられる手焼き煎餅。焼いているのは店主の石川さん
おこげの入った勘三郎焼きと、三木助師匠が金庫に隠した手焼き煎餅。おこげは、好き者にはたまらない逸品なのだとか。
おこげの入った勘三郎焼きと、三木助師匠が金庫に隠した手焼き煎餅。おこげは、好き者にはたまらない逸品なのだとか。
トピックス
この情報は、「人形町二丁目三之部町会」により登録されました
前の画面へ戻る
▲ページトップ